« 従来の常識をリセットする | トップページ | 家内展開 »

高齢化社会を身近に思うこと

親が生きてくれているのは嬉しいことなのは
確かなのだけれど・・・


何度か書いたことがあるが、
実家には、祖母、父と、二人の要介護状態の
親族がいる。

さらに、実家の老犬は、目も見えず、音もほとんど聞こえず
わずかな嗅覚のみ。

かわいそうなので、室内で飼っているが、昼夜が分からないため、
夜に2回、外に出してほしいと鳴くらしい...

日々その二人+一人の世話をする母。

現実問題、母は、介護が必要な三人を目の前にして、
毎日が、いっぱいいっぱい。気が張り詰めている。
睡眠不足、体力消耗の毎日。


手が足りていないのが現状だ。

そんな母を見ていて、「母が倒れたら一体どうなるんだ?」
と思っていた予感が、的中しそうだ・・・


1か月ぐらい前から、母が精神的に参っていた様子は
分かっていた。

自称聞き上手?の私は、話し相手にでもなればいいかと思い、
年末年始休暇では、足繫く実家に顔を出した。


そんな中で、足が痛そうな顔をしている母を見つけた。
話をするうちに、口を開いた。そして足を見せてくれた。

・・・・

病名は分からなかったが、とても痛そうだった。

我慢できなかったのだろう。
珍しく、母は自ら近くの病院に行った。

「○○病院(市内で最大の総合病院)に行って
みてもらってた方がいい」

そういわれた。

そして、昨日病院に行ったそうだ。


かみさんが、心配して昨晩、私の実家に電話して
診察の結果を聞いた。

「要手術。手術には、最低でも3日間は入院」

とお医者さんは言ったそうだ・・・

母は、
「介護の三人がいるため、1日たりとも家を留守にできない。」

と言って、本当はしなければいけなかった、
手術・入院日程の予約をしないで帰宅してきたそうだ・・・

「うーん。」と私は、昨日から悩んでいる。


早く良くなるために、手術を受けさせたい。
でも、現実的には、実家から母がいなくなれば、
介護が必要な三人は途方に暮れてしまうだろう。

4月に入れば、私が3日間休暇をとって、代わりに・・・
とも思うが、それまで痛みを堪えるのか?

また、親族とはいえ、子供みたいなことを言わせてもらえば、
親の下の世話とかするのは正直シンドイ。

本当に困った。
悩みを共有し、助けてくれる人がいれば、すがりたい気持ち。


明日、気持ちを落ち着かせてから、仕事で使う問題解決手法を
使って課題を整理して、ベストな策を決めよう。
DAとPPAあたりかな。


本当は、今、自分のことでも精一杯な感じ。

仕事が全く上手くいっていないこと、
実務修習の起案が意匠、商標になって、
土地勘がないゆえに時間を要していること、
長男の受験の超直前期で、夫婦交代で、
家庭教師をしていること・・・

日頃の行いは、悪くない方だと勝手に思っているのだが、
神さまはそうは見てくれていないようだ。

本当に気分よく酒が飲める日はいつなのか?

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

|

« 従来の常識をリセットする | トップページ | 家内展開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご苦労されているようですね。
私も人事ではないため、身につまされる思いです。
もう既にご存知かとは思いますが、以下の窓口でご相談されては如何でしょうか。
地域包括支援センター担当課
平塚市 高齢福祉課 0463-21-8778
平塚市役所 介護保険課 0463-21-8790
神奈川県庁 保健福祉部 高齢福祉課 045-210-4835
平塚市地域包括支援センターサンレジデンス湘南 0463-54-7009
平塚市社会福祉協議会 0467-23-1075
神奈川県社会福祉協議会 045-311-1421

投稿: 秋ちゃん | 2013年1月15日 (火) 19時54分

秋ちゃんさん、こんばんは。

お気遣いありがとうございます。
大変嬉しいです。
そして、有益な情報もありがとうございます。
こんなにお調べいただいて、頭が下がります。

正直、家庭内のことだから...と
自分でなんとかするしかないと思って
いろいろ悩んでしました。

ただ、本人(母)が病気の重大性に気づき、
手術を受けると思い始めたこと、

親族(私から見て叔母)で協力得られる
人が出てきたので、

私と妻と叔母さんで、何とか突破できそうです。

ご心配おかけして、スミマセンでした。

投稿: ポニーさん家のご近所 | 2013年1月16日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化社会を身近に思うこと:

« 従来の常識をリセットする | トップページ | 家内展開 »